読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そっと、はてなブログ

はてなブログのベータテストを生暖かい目で見守るブログです。

『そっと、はてなブログ』

…… はてなブログのベータテストを生暖かい目で見守るブログです。【 記事一覧 】

デザイン編集時の不具合で消えてしまったHTMLモジュールの内容を復旧する

 先日、このブログで書いた不具合 が修正されたと「はてなブログ開発ブログ」で報告があった。残念ながら、不具合によって消えてしまったデータの復旧はできないそうだ。

 自分の場合困ったのは、消えてしまったHTMLモジュールの内容が思い出せないものがあったことだ。

■自分はサイドバーに何を貼っていたのだろう?

 大半は思い出せた。
 まず、サイドバーの一番上には、「はてなブログのベータテスト開始から××日というカウンター。
 それから、Googleカスタム検索も設置している。

 アクセスカウンターも設置している。

 思い出せなかったのは、「プロフィール」の下に設置していたHTMLモジュールだ。どんなHTMLあるいはJavaScriptのコードを貼り付けていたのか?タイトルの文字列も消えてしまっているので、全く見当もつかない。

■キャッシュで確認する

 そこで、ネット上から削除されたサイトを閲覧する時と同じように、自分のブログの過去の状態を保存したキャッシュデータを探し、それを見て確認することにした。

 消えてしまったサイトを閲覧する時に非常に役立つのはInternet Archive: Wayback Machine 。しかし、「Wayback Machine」は保存しているキャッシュデータを半年以上経たないと公開しない。数週間前にサイドバーを変更した時の当ブログの状態を確認するのには利用できない。
 そこで、Googleのキャッシュを見ることにした。検索窓に「cache:http://mametanuki.hateblo.jp/」と入力する。
 あるいは、表示しているページのGoogleキャッシュを表示していれる便利なブックマークレットもある。

 幸い、自分が確認した時は5日前のキャッシュが表示された。不具合が発生する前のデータだ。

 おかげで、サイドバーの「プロフィール」の下に設置していたのは「このブログについてというリンクだということが確認できた。

 これなら復旧できそうだ。

 それにしても、「消えたHTMLモジュールの内容は復旧できませんでした」で許されるのはベータテスト期間中までだ。正式リリース後に同様な不具合でデータが消えた場合は、なんとか復旧して欲しい。もちろん、データが消えるような不具合を起こさなければなお良いけれど。